忍者ブログ

舉步走向衰敗,走向摧殘

秋風的侵襲,惹得無數落葉的堆積,慢慢步伐,如踩在鬆軟的沙灘,甚至比沙灘還要鬆軟。涼風刺骨的涼,刺心的的涼,凍結了微笑,聚成了愁容,任再強烈的陽光也無法消融。秋,聽來就是一股悲涼,一股淒寒,一股殘殤。萬物俱經歷了盛榮雙下巴
  
  樹幹靜靜的立在那,沒有力量去反抗,只有等待,等待寒枯,等待宿命,枝葉在風中盡情的搖擺,似乎那是在世間的最後一瞬,一生的最後一次表演,所很賣力,很深情,在風力的協助下揮卻最後的餘力,實現精彩的人生。漫漫歲月,已無痕的度過,寒霜的侵襲,在無言下幻化作微笑,別世的一瞬,無數苦難隨最後一縷呼吸遠去。
  
  野草枯萎泛黃,乏倦的搖晃著,沒有了蟻遊,沒有了蟲鳴,在孤獨的夜,孤獨的靜,孤獨的可憐。草間的鳥巢疏了,寂寞的在那停留,沒有了溫暖,沒有了溫情,只有等待,也唯有等待。孤獨的小河在草間寂寞的流淌,哼著寂寞的歌,無奈的在世間穿行。
  
  秋忙過後,田地一片荒蕪,光禿禿的,偶爾一只野兔竄過,廣袤的田地似乎隨之一起奔跑,然步伐太慢,被狠狠地拋卻了,只有幾棵沒發的楊柳靜靜的陪著它,相互慰籍著。
  
  秋風拂拂,漫天飛葉,繁花落盡,處處凋零。花凋個個寒切,有歸入塵土的,有隨風飄揚的,也有抱死枝頭的,每一種都有一種獨特的淒美。展示了一生的唯美,等無聲凋零的一刻,再無人去欣賞,唯有惋惜。
  
  秋的晨很涼,晨的露很清,露的草很悲,悲的花很苦,苦的人很殤。秋晨的清涼能頃刻襲入人的心底,激起一陣莫名的顫慄,秋晨的露,秋晨的草,秋晨的花,秋晨的人,無不透露出一股悲涼,寒顫著每個脆弱的心。秋的夜很靜,靜的有點可怕,沒有蛙叫蟲鳴的騷擾,沒有風吹夜動的喧鬧,靜的詭異,靜的起毛;秋的夜很涼脂肪肝治療,不,可以說有點清冷,冷得刺骨,冷得寒心,冷得植物凋零,冷得動物入眠。
  
  秋夜的月很皎潔,秋夜的星很繁多,然,月清冷,星寒爍,無不透著一股涼。漫步秋夜,一股莫名的憂傷襲上心頭,一簇雜亂的愁緒縈繞腦海,步伐沉重,心情凝重,腦子繁重,無數的重有時壓的你喘不過氣來。不一會兒,不知從哪吹來了一片烏雲,雖不怎麼濃,但足以掩蓋星辰,遮去月光,遠處的天邊只剩下一團暈,吃力的照耀著凡世,照耀似乎誇大,應該是吃力的為大地嬴送著微光,闡釋著一種無奈,一股淒涼。
  
  風塵的難辨,不知摧殘了多少顆多情的心,無數的淒美不知幻化成多少滴秋雨。秋雨速速的下著,淋著肉體,浸著心靈,那刺骨的涼,刺心的痛,此刻在天地間痛徹,哭喊在無聲中力竭。戀的美,戀的殤,戀的痛,唯有戀的人深切的體會。
  
  失戀的人喜歡這樣:獨自坐在寂寞的秋,隻身聽著傷感的歌,單歌傾訴孤獨的怨,獨自心跳,獨自落淚,獨自傻笑,獨自神傷......
  
  殤,多麼寒心的一個字,多麼真切的存在著流動數據服務,多麼......
  
  孤人聽單歌,孤心賞孤秋,孤情駐孤月,孤殤漫孤夜,孤夜噬孤人。殤,漫過萬物,無聲的侵襲著每一個世人。
PR

不知人生會有多少次遇見

也許前世我們無緣相見,今生卻只是一次擦肩。不知來世,奈何橋上是否會有我們相遇的影子,三生石上是否會有我們相戀的故事……
  
   時光靜好,春色物業二按正濃,你卻不知在何處躲藏。一陣清風吹過,發梢遮掩了哀憂的雙眸,一股花香蕭蕭彌漫,帶著春天的嬌媚,在心海泛起了層層漣漪。心懷一份淡 然,輕倚窗前,望著月光把春夜輕輕柔婉。推開窗臺,打開思念,任寂寞肆意蔓延,手執素筆,怎能為歲月調色增彩。溫潤的深沉融進了美妙的心弦,在漫漫的輾轉 中塑出枝枝花蕾,在春暖花開之際輕輕綻放,散發出醉人的香氣,呈現出迷人的芬芳。
  
  不知何時,夜幕已悄悄降臨,屋外淅淅瀝瀝的冷雨,依舊下個不停,寂寞的氣息愈加濃烈,將整個房間統統籠罩。窗外大雨滂沱,一顆顆豆大的雨點,敲擊著窗臺,我只能隔著窗子,將你遙遙相望,靜靜思量。我獨自坐在窗前,聽著窗外的風雨聲,任思緒悄悄地蔓延······
  
  翻開一篇篇日誌,在字裏行間尋找著關於你的故事。多想借一縷陽光,把你內心的陰霾驅散;多想攜一世柔情,把你正面的生活態度身邊的孤獨驅趕,怎奈,多少心願都被現實所摧殘。外面的雨越下越大,我在雨水的朦朧中,仿佛看見了你的微笑,你是那麼的美、那麼的迷人!我在雨聲的掩蓋下,輕輕呼喚著你的名字,你是否會唱著那一首熟悉的情歌,與我來雨中相會?雨突然又變小了,你的微笑也消失了,我猶如夢中初醒,慌亂地尋找著你,而你卻消失在了雨中,我只能將雨化作相思淚……
  
  心緒點點,曾經寫滿深情的花語,隱藏的心事,隨著花兒漫過山野,濕了相思的夜。也許,所有的故事只是一條無法橫渡的河,我只能在彼岸遠遠觀望。多想倘徉在靜美的春色裏,品著香茗,聽著小曲,嗅著淡淡的花香,做一場美輪美奐的夢!
  
  夜,漸深,月,悠長,酒,微涼,是誰,將思念的心緒慢慢增長?是誰,將孤單的身影輕輕拉長?是誰,將憂傷的情懷緩緩釋放?風,匆匆走過,雨,紛紛揚揚,情,深深淺淺,窗外飄落著潔白的花絮,訴說著昨日繁華後的憂傷……
  
  與你的相遇,是一場預見更好的自己花開的旖旎,是一首甜美的情歌,是一生靚麗的風景······
  
  美麗的世界,美麗的夢,是否,你會一直停留,與我共賞桃花盛開,共看白雪飄落?

網事但隨風……


塵緣不是夢,往事但隨風…



記不清多久,與文字為伴了,徜徉在文字的海洋裏,我的心醉了,筆間跳躍的音符是心之神往。浸透墨香的文字寫滿了心語,這一夜,又一次悄悄推開自己的心扉。

也記不清多少日子,習慣夜闌人靜時,敞開心扉,放飛思緒,文字攜著我的情感遊弋蒼穹,飛躍天際。筆內紙間宣泄自己的高麗蔘彷徨與孤助,字裏行間充滿了期翼,期翼一份心靈的寧靜,渴望心靈的皈依。

當冬日的寒冷漸漸吹散,春天的色澤在眼前隱隱若現,我卻異常感覺徹骨,今晚北國的夜冷的刺骨,我知道是心地湧出從未有過的悲涼。在這個初春的季節,我絲毫感覺不到春的脈脈溫情,漫漫長夜,一盞青燈陪伴,牆上映照的影子,是我的壁上摯友,在影子的世界裏,我傾訴衷腸。

曾經在內心最柔軟的地方,留下一份真實的情感,為愛我在午夜的黑暗裏帶著思念奔走,為愛我忍受著咫尺天涯的痛楚,為愛我忍受疲憊只期望能與你再一次深情的華洋坊回眸。

此時,心卻很痛,你且濃趨淡的解釋詮釋你的蒼白,熒屏後面,你是否看到一張疲憊憔悴的面容,一顆敏感易碎流淚的心???你是否能體會一個女人的真實與幽怨,你為什麼不選擇靜默,你可以用善意打開心結,將我眉間的憂愁摘下,但你為什麼毫無猶豫選擇真實,把我扔進了現實。此時,悲傷的表情無需演繹,刻骨的失落替代了曾經動蕩不安的內心,我漸漸醒悟,女人是用生命點綴愛情,男人是用愛情點綴生命,感情的付出原本不對等。

今夜無眠,又一次沉浸在古韻盎然《溪行桃花源》中,境與心諧,伴隨浩瀚的酸楚,一再肆意起伏, 也許流浪的心,注定只能屬於天涯,屬於遙遠的天邊;漂泊的心又一次帶著簡單的行囊,開始了精神徒步,歲月的余近卿中學跋涉。

塵緣不是夢,往事但隨風。今夜我會把滄桑揣在懷裏,今夜我會帶著愛離開。

かつて私達はどんなに若い!

今のところ、「懐かしい」のあるおしゃれな言葉は、一種のファッション、一種の心理の需要になって、甚だしきに至っては一種の文化。レトロとは一体何か?それはどのようにいつの間にかの中でそっと侵入に私たちの心か?それはどのような特徴と魅力ができて、人に夢中ですか?「懐かしい」、私達はまたいくら認識できて、自分で自由に素直に地面のだろう? 「懐かしい」で、一番早くから源を発してギリシャ語のnostosとalgia、前者が「ふるさとに帰る」の意味で、後者は一種の苦痛の状態。その名の通り、帰りの苦痛を渇望して、だから病理学の用語で、最初は、「懐郷病」も含め、気落ちして、うつ傾向、甚だしきに至っては自己破壊などの情緒の病気。その後、「懐かしい」という言葉を遠ざける医学分野を溶け込んで、ゆっくりと社会は、その内容も拡大と伸びて、指向個人の意識と社会の文化の傾向とされ、「ある人間疎外の基本的状況」と語る。 今日では、「懐かしい」はすでに1種の正常な人間の反応と1種の社会学の現象は個人に限らずに自分の過去の思い出や、一種の「年月エバネッセント」の印としてではなく、正常の場合は、持って濃厚な個人の特徴は、社会の普遍的な意義。 レトロな社会の成因 レトロは特定の人の群れや年齢、それが違う人にも発生することができます人生の異なった段階で、安定した個人心理傾向。ただ最も起こりやすいは中年と退職後、さらに、過渡期に表現が強い。 年齢の増加に、機体が老化、新陳代謝と内分泌の機能に降りかかる、思惟、記憶、理解など様々な能力が低下し、「経験が豊富」の脳に貯蔵「昔情報」は根強く、ある刺激にきわめて容易にどう思い出が頭の中で絶えず現れる。 したがって、個体が直面して退職退職などが引き金的事件の際、自己能力衰退の恐怖、外部に対してコントロール力低下の恐怖は、定年退職後にまったく未知の生活のcloud solution不安、トリガやすい「レトロ感情」を期に心理的な快適さと感情の支持を獲得することができ、掴んで過去のコントロール感と安全感。 は1種の慰めを探して。だから、特に危機の下や社会不安の時代に、懐かしい人を快適で、親切などが性の感情、人になって心のサンクチュアリ。から未来について、私達はいつもいろいろ予想できない焦りは、過去に、私たちは自由で単純に頭の中を加工して、評価を分析し、再編成を解読して、甚だしきに至っては機能性の利用。 間違いなくて、昔を懐かしんでは、過去の1種の再編成を含むと、一種類のすでに発生した事件のコントロール感と安全感。この保護や共感をさらに拡大し、レトロも興味を共同サークルメンバー間の親密感を獲得集団性が認め。 社会学の角度から見て、人生の重大な転換の時、人々に必要なレトロを保って身分で、過去の感知遠い過去の自分に、はっきりと認識、定義自分ので、レトロは自己感知不可欠の構成部分。 懐旧の心理に起因する レトロまずは一種の心理の現象、スランプから見ることができて、表現を美化する「ふるさと」、「過去」と誇張の人と事に、その多くの利点を見落として、甚だしきに至っては不足が想像より実際の特徴。もし死んだ友人と会って、杯の酒正酣、少年親密無比の友人関係の懐かしい、社会に対して複雑な人間関係の感慨;もし錦衣华服、荣归故郷、ひとり立ってすでに乾いた小川前、感慨昔川魚をとっている力どじょう知っての楽しい時間。 一般を懐かしむのはいつも幸せな温かい、甚だしきに至ってはすべて少し自覚のない幻想成分。これも好きな人の1つの原因で、もしレトロはいつも悪夢と信じて、人がいないのを好き。 深い心理学の方面から分析して、レトロを秘めていて人の“退行」の心理として、これは1種の心理的な防御機構。私たちが直面しての矛盾や衝突の時、私達がレトロでを通じて、昔の思い出を求めて、安全保護。この衝突は心の(例えば自分の本能と道徳、良心の間の衝突)は、外部の(例えば自己と現実の衝突)。 特に高齢者の中で、彼らの命所剩无多意識、心のJewelry hong kong中はかすかに恐れので、繰り返し過去の時間を美化して、自分を慰める。これらの時を通じ、レトロ退行過去代替的に満足した人の本能的欲求。それが原因で時空の錯覚で、ちょうど象徴の方式が人に与える安全と愛。 一般に、多くは記憶を感情ではなく、認知の記憶。この記憶の选択であるのは、その中に含まれる構造が複雑な感情は、両方の暖かさ、喜び、感謝、友愛と単純など正面感情もなくして、悲しみと渇望などのマイナスの感情。しかし全体的には、レトロな感情の多くは正面を通じて、濾過不愉快的要因や個人の自己強化を認める。 レトロな心理のほとんどすべての人が生じるが、いわゆる過ぎたるは及ばざるが如し、レトロから否定して今と将来のが病的に陥って。それは当事者に社会の変化や価値観を変えて、或いは生活環境が変わるなどによる個人の喪失感が突然変異、に直面して、直ちに調整の自分の心理状態を積極的に行って勇敢に生活に直面して、かえって自己収縮をとる回避や対立の態度を避けるために、直接この慣れない現実レトロ泥沼に。さらに悪いことに、あまり懐旧会により大きな挫折と適応しないで、引き続き強化過去への愛着は、次第に悪循環を形成し、個体と環境との隔たりがまるで雪だるまのように拡大を形成し、病的なレトロ心と行動。 一つとして記憶機能と心理の慰めの手段として、昔を懐かしむの発生の満足感人生をより充実させることができる。しかし、わからない昔を懐かしむコンプレックスを大切にする人にとって、昔を懐かしむように溺れない発展に影響を与える、正常な生活と仕事は重い精神になる可能性を重視した絆。

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R